• 文太郎 

希望は失わず

大変ご無沙汰いたしました。ブログも4か月振りになってしまいました。4月に入ってから決まっていた公演予定はピタッと無くなってしまい、それから3か月とちょっと。基本的には自宅での日々を、私も過ごしておりました。小学生の子供の父親でもある私は、同じく長い長い休校となった息子と共に、かつて経験したことのない時間の流れの中で、断捨離に励んだり自分を見つめ直したりしておりました。しかしその3か月の間も、大阪・心斎橋のARTCLUBというお店だけは頑なにライヴを続けており、私も恐々と大阪に向かい、月一回程出演しました。そこで、「ああ、僕は歌い手だったな」と思いだします。ステージで歌の世界を作る感覚を手探りで取り戻しながら。歌う事で、そして歌を聴いてくださるお客様の存在で、いかに自分がパワーをエネルギーをもらっていたのかを思い知らされています。そう、歌う事から遠ざかりすぎると、自分の中のエネルギーも少しずつ弱ってくるのです。当たり前だと思っていた毎日が、掛け替えのない奇跡だったのですね。コロナから教わった気がします。

そして、少しずつライブが再開してきております。「スケジュール」をぜひご覧ください。

間近ですが、7月14日は前述のARTCLUBのパリ祭!。そして20日は同じく大阪のコンテローゼでのソロライヴ。東京は蛙たちでの初ソロライヴ(9月)や新潟でも初出演ジョイアミーアでのライヴも予定されています。

これからどんな風に世の中が動いていくか、目を凝らし続けなければいけませんが、新たな音楽の在り方も模索しながら前を進んでいこうと思います。感染対策はちゃんと行ってまいりますので、ぜひ生の音楽のエネルギーを感じにお運びいただければ嬉しいです。そしてくれぐれもお大事に、健康第一でお過ごしください!お会いできるのを楽しみにしています。



アートクラブにて。4月、RIOさんとのショットと、6月出演時。


我が家の周囲の光景。お風呂場の窓を開けると鹿が、それにこのところ猿が頻出するようになった。近くの空き家の屋根に沢山。鹿は大人しいけど(とはいえ農家の方にとっては害獣である)猿は危険!。山へを追い払う業者の鉄砲の音が鳴り響き、30頭近い群れが我が家の庭を通って山へと向かっていった・・・。それでもまだ時々やってくる💦。


38回の閲覧

© 2017 文太郎 All rights reserved