• 文太郎 

4月30日 平成の終わりに

4月26日に、

長らく病と闘われた師匠、堀内周がついに帰らぬ人となった。

30日まさに平成の終わりに、多くの歌手の方や

お弟子さん大勢のファンの方々に見送られて、旅立たれた。

僕にとっても、一時代が本当に終わった気がする。

 24年前、先生に出会っていなければ、シャンソン歌手である

今の私はいない。僕は出来の悪い生徒で、先生は大変に厳しく、

24年の間に出たり戻ったり、でもこの10年近くは

再び定期的にお店やコンサートに出演させていただいていた。

 「ゲスト」として迎えてもらっていても、

お店に一歩入れば気分は一気に20年前に遡る。

どんなに時が経っても、原点に戻れる唯一の場所である。

 亡くなる一週間ほど前に、これ以上ないほど痩せてしまった先生が

ご自宅でとても穏やかに沢山お話下さった。

「ぶん、今がとても幸せだよ」と力強く仰ったことに、

あの人の強烈な気概、反骨心、魂を感じ、

受け継いでいくべきものを思った。

0回の閲覧

© 2017 文太郎 All rights reserved